角栄ホーム – 宮城県名取市での家づくり

お問い合わせ

次世代省エネ基準を超えた家づくり

宮城の気候風土を踏まえた家の構造と性能を実現するために「FP工法」を採用し、
お客様ご家族の「ライフスタイル」にあった「十人十色の家づくり」住まいを提供しています。

  • 新築注文住宅

    角栄ホームでは、高気密・高断熱・計画換気の「FP工法」を採用しています。エネルギーを省く「省エネ」ではなく、必要最低限の冷暖房だけで快適に過ごせる「小エネ」生活をご提案しています。

  • 新築注文住宅
  • 角栄ホームのZEH

    ゼロエネルギー住宅(ZEH)を実現するには、高い外皮性能と気密が必要です。その性能を長期間維持するためには、高い耐久性も求められます。角栄ホームの「FPの家」は躯体性能で、無理なくゼロエネルギー住宅が達成できます。

角栄ホームのZEH宣言

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等が建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っております。
その目標の達成に向け、ZEH支援事業においては、建設会社が建築する住宅のうちZEHが占める割合を2020年までに50%以上とする目標を宣言・公表したハウスメーカー、工務店、建築設計事務所等を「ZEHビルダー」として公募、登録し、目標値等の公表を行っています。

ZEH普及率目標

新築注文住宅 ZEH + Nearly ZEH 受託率

2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
20% 30% 50% 75%
普及実績(達成率)
2棟(50%) 1棟(20%) - -

ウレタン断熱パネルで本物のZEHを

デザインと機能が共存した「快適で自由な設計」と、新たな「住宅向け省エネ基準」を実現するためは、「住まい」の基本性能である外皮性能がとても重要です。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)を実現するための外皮性能や気密性はもちろん、経年変化が少なく、優れた強度・耐久性・防水性能をもつ「ウレタン断熱パネル」は、ほかには真似のできないZEHが求める基準以上の高い性能を、長期間保つことができます。
FP断熱パネルなら無理なく「ゼロエネルギー住宅」を達成でき、設備機器に頼らない、しっかりとした躯体性能で、快適で自由度の高い家づくりが実現可能です。

ZEHの家を建てるには、外皮性能(断熱性能)が最重要

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、家の断熱・省エネ性能を高め、太陽光発電などでエネルギーを創ること(創エネ)により、年間の一次エネルギー(空調・給湯・照明・家電など)消費量の収支がプラスマイナスゼロになる住まいのことです。そこで、最も大切になるのは家本体の省エネ性能です。消費電力を抑えた設備類は、家を建ててからでも取り替えることが可能ですが、断熱性能を後から替えることはコスト面も含めて容易にできません。しっかりとした断熱性能があれば「必要最小限の太陽光発電パネル」で創エネを実施でき、「ZEH」の家が実現可能となります。家の外皮性能を高めて使うエネルギーそのものを減らし、エネルギー収支ゼロをめざす。暮らしや環境にやさしい、理想の住まいが実現できます。

優れた耐震性・耐火性・防水性・耐久性をもつ高性能断熱材「FPパネル」

「FPパネル」の水発泡ウレタンフォームは、断熱材としての優秀さはもちろん、地震や台風など外部の力から家を守る構造材としての役割が高いのも特徴のひとつです。ほかにも、難燃剤を混合した発泡剤による耐火性、水分を吸収することがほとんどない耐水性、性能の劣化がほとんどおこらない耐久性など、優れた性能で大切な家を長く守ります。